防災グッズを買い足しました。少量のお水でご飯をあっためるモーリアンヒートパック。

わたしが避難した時のブログを見た方が、おすすめの防災グッズを教えてくれました。

 

避難所でも暖かいごはんが食べられる便利グッズです。

 

ビニール製の袋の中に付属の発熱剤と温めたいご飯と少量の水を入れると、発熱剤がグツグツと熱を出して食べ物を温めてくれる便利グッズです!

お水は、川の水とか飲み水でなくても大丈夫だそうです。避難生活では水が貴重だからこれはありがたい。中にアルファ米のパックや缶詰を入れれば日を使わずに暖かいごはんが食べられます。空き缶にお水をいれてパックの中に入れれば、お湯を沸かすこともできるそうです。

こちらのブログで実際に使った時の写真が掲載されています。

モーリアンヒートパックの試用レポ & 非常食試食 : ひとりぼっちランチ

 

実際に避難所に行ったときに、暖かい飲み物食べ物がないのが堪えたんですね。不安だし、床の上に座っていると冷えるし、じっとしているから胃腸の調子もおかしくなるし。わたしはたった6時間くらいしかいなかったのに、それでもこういうことになりました。心の底からあたたかいものが食べたいな〜と思いました。

もっと長期間の避難所生活になったら炊き出しがあったりお湯が使えたりするんでしょうけど、そういうときって赤ちゃんや高齢者が優先されますよね。優先されるべきだと思います。そんな中、若者(?)は避難所でなんとかしてくれるという甘い考えは捨てて、自分のことは自分でなんとかせねば!と強く思いましたよ。

偽善ではなく、赤ちゃんを連れて避難されている方が大変そうにしている様子を目の当たりにしたので、自力でなんとかできる人は自分のことは自分でやって、支援の手を必要としている人に回せたらいいなと思いました。わたしには子どもがいないけど、こうやって間接的に役に立てるんじゃないかなと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です