自分ひとりで解決できないことは、プロの手を借りるとすんなり解決することもある。レゾナンスリーディング(速読法)を教わってきました

自分ひとりで勉強しようとせず、時にはプロに教わるのが大事だなと思いました。

学ぶ速度が段違いに速いです。

 

 

レゾナンスリーディングという速読法をプロに教わってきました。

こちらの講座です。

 

1冊20分で読めるという速読法です。

数ヶ月前から本を読んで独学で実践していました。

なので、どんなに遅くても50分くらいで読めるようにはなっていました、が、

どうしてもできないことがありました。

 

それは、レゾナンスリーディング最大の効果である

行動計画を立てる

です。

 

そもそも、なんのために本を読むのでしょうか?

小説なら、世界観を楽しむため。

それならば速読は必要ありません。

速読の対象はだいたい、ビジネス書や専門書、学術書が多いと思います。

小説のテクニックを学ぶために小説を多読することはあるかもしれませんが、純粋に物語を楽しむなら普通にじっくり読むのが良いです。

 

そして速読の対象となる本を読む理由は、課題や挑戦したいことがあって、そのヒントを得るためです。

 

ということは、ヒントを掴んで行動に落とし込むのが、読書のコアの部分になります。

読んで、なるほどね~で終わるのは読んだ意味が半減してしまいます。

 

 

さて、わたしは行動にうつすのが苦手です。

なのでレゾナンスリーディングをやれば行動にうつすまでができる!と期待していましたが、苦手なことを独学で実行するのは、たとえ方法が分かったとしても難しかったのです。

 

 

講座では、強制的に行動計画を立てさせられます。

1回目は難しかったのですが、講師の方のアドバイスや他の方のやり方を参考にして2回目はもう少しスムーズに計画に落とし込むことができました。

数ヶ月間できなかったことが講座の3時間でできるようになりました。

 

自分ひとりで解決できないことは、プロの手を借りる!

勝間塾で教わったことです。

本当にそうだなぁと実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です