【サウナ】由縁別邸 代田|都会の喧騒から逃れる しっぽり旅館

由縁別邸 代田

サウナ短歌
静寂の音が響く鍾乳洞エレミの雫に満たされてをり

「ミストサウナ」という名の鍾乳洞があるのをご存知?

 

由縁別邸 代田|ウッディーでビターな香りに癒されるミストサウナ

由縁別邸 代田(ゆえんべってい だいた)。老舗の温泉旅館を思わせる名前だが、都心からほど近い小田急線世田谷代田駅に2020年9月に開業したばかりの新しい温泉旅館だ。

新宿から電車で10分ちょっとの比較的自然が残る閑静な住宅街。その駅前に温泉旅館があると話すと、都心に詳しい人ほど「え?あんなところに温泉旅館なんてあったっけ?」と驚く。

都内とは思えない趣のある日本旅館

写真を見てもらうのが一番手っ取り早いだろう。正真正銘の日本旅館だ。

 

由縁別邸 代田の女性用サウナはミストサウナのみで、水風呂はない。ドライサウナが好きな人には物足りないかもしれないが、洗練された日本旅館だからこそ味わえるミストサウナの心地よさを体感してほしい。ミストサウナの3大要素である空間、音、香りの全てが完璧なバランスだった。

室内は、ごくシンプルなタイル張りのミストサウナだが、ポスターや注意書きの貼り紙など余計な物が一切ない。ここまでシンプルを追求したサウナは珍しい。

温泉旅館でも銭湯でも、ついついサウナの効能を貼っておきたくなるのが施設心(ごころ)だろう。ミストサウナの美容効果や、本日のアロマの紹介、出る時はベンチに水をかけましょうといった入浴マナーなど書くことはいくらでもある。そこを敢えて何も貼り出さないミニマルな空間だからこそ、世俗から離れて瞑想級のリラックスが叶う。

ヒーリングミュージックも非日常の演出に一役買っている。オルゴールの音色が流れる静かなサウナはあるが、環境音楽が流れるサウナは少ないのではないだろうか。ヒーリング音に水滴が落ちる音をミックスしたBGMは、湿度の高いミストサウナにぴったりの音色だ。淡いベージュ色のサウナ室で水の滴る音に耳をすませば、まるで鍾乳洞の中にいるような気分になる。

そして、最もおすすめしたいのが上質なアロマの香りだ。ヒノキのようなウッド系の香りをベースに、オレンジの皮のようなビターな香りがほんのり効いた奥深い香りだった。おそらく、由縁別邸 代田の離れにあるスパ SOJYUのオリジナルアロマTAIKANを使用していると思われる。*

*施設に確認したわけではないので、あしからず。アロマサンプルの中で一番香りが近かったということです。

 

サウナ室の香りづけはなかなか難しい。施設の人間でもないのに知ったようなことを言うが、今までのサウナ経験からそう感じる。

高温で香りの成分がすぐに揮発してしまうからか、アロマサウナと謳っていてもほとんど香りがしないサウナが多い。かといって強めに香りづけをしようとすると、熱気と相まって香害のようになってしまう例もある。九州の有名サウナ サウナサンにはサウナ調香人という専門のアロマテラピーアドバイザーがいる。それくらいサウナで良い香りを出すのは難しいということだろう。

由縁別邸 代田のミストサウナの心地よい香りの成分は以下のとおりだ。

エッセンシャルオイル TAIKAN
エレミ / ひのき / フランキンセンス / ラバンジングロッソ / シトロネラ / フェンネル / パルマローザ / ホーウッド / ブラッドオレンジ / ゼラニウム / パチュリ / マンダリン

引用元:SOJYU オンラインストア

エレミという聞き慣れない植物は熱帯地域に生息する樹木で、柑橘系にウッド系とスパイシーさが混ざった香りがするそうだ。まさに、わたしがミストサウナで嗅いだ香りそのものだ。

日頃、世俗の騒がしさに悩まされている人は多いだろう。そんな時はこの由縁別邸 代田の「ミストサウナ」という名の奇跡の鍾乳洞に入れば、たちどころに喧騒から離れられる。

オトナのしっぽりサウナ|40代からのサウナデビューにおすすめ

サウナブームにのってサウナでととのってみたい!と思うものの、なかなかデビューできずにいる人は、ぜひの由縁別邸 代田でデビューを飾ってほしい。特に、オーバー40(フォーティー)のオトナサウナー予備軍におすすめだ。

サウナの楽しみ方はたくさんある。賑やかで楽しいことが好きなら熱波イベント*で強烈なデビューを飾るのも良いだろう。

*熱い蒸気をタオルであおぐサービス。熱波師のタオルパフォーマンスも見どころ

しかしオトナたるもの、時にはしっぽりとサウナを楽しみたい。

何から何までおとなっぺー

白い暖簾をくぐって石畳を歩き館内に入ると、黒を基調とした広いエントランスが現れる。この日はちょうどほおずきの生花が飾られており、あざやかな朱色が目をひいた。全体的に照明は控えめで、代わりに中庭から自然光がたっぷりと差し込む作りになっている。

温泉も黒を基調とした石造りになっており、静寂を楽しみたいオトナにぴったりのシックな雰囲気だ。お湯は、箱根の源泉から運んできているという。さらにヒノキの露天風呂まであるのだから、もう何も言うことはない。

 

宿泊は夕朝食付きプランで2万円台〜と値が張るので、日帰りプランを利用して華麗にサウナデビューをするのはどうだろうか。ちょい呑みセットなら、平日3,200円で入浴+ビールとつまみが楽しめる。茶寮のカウンター席でしっぽりと一杯ひっかければ、背中で語るオトナの風格が醸し出せるはずだ。

背中で語る それがオトナ

 

由縁別邸 代田を40代以上におすすめする理由

わたしが由縁別邸 代田を40代からのオトナサウナと、あえて具体的な年齢をあげておすすめしているのは、わたし自身の苦い経験からだ。

わたしがまだ20歳そこそこの若者だった頃、友人たちと小洒落たバーに乗り込んだことがあった。雰囲気のあるレンガ造りのお店で、相当背伸びをして入店した。最初こそ初々しく照れながらアルコールを注文していたが、お酒が進むにつれてついいつもの居酒屋のノリが出てしまった。

お店にある一番アルコール度数の高いショットを、仲間に無理矢理飲ませて大はしゃぎしてしまったのだ。バーで一番やってはいけない大失態だ。

特にお店から注意を受けることもなくそのまま上機嫌で帰ったのだが、年齢を重ねた今となっては、当時の幼稚な振る舞いを思い返しては反省している。

 

わたしのようにバカ騒ぎをしないまでも、場所にふさわしい年齢というものがある。

由縁別邸 別邸のコンセプトは、”都心に、山里のくつろぎを。”。建物のデザインから温泉から食事まで全て束の間の休息を味わってもらうためにしつらえてある。由縁別邸 代田は特に年齢制限を設けているわけではないが、ある程度の年月を重ねた人の方が由縁別邸 別邸のコンセプトを隅々まで堪能できる。

というわけで、アンダー40のみなさん。機が熟すまであえて行かないというのはどうでしょうか。

由縁別邸 代田の詳細はこちらからチェック!