【サウナ】SaunaLab神田|トントゥからの伝言

サウナ短歌
波止場から・ー・ー・・ー夜明けが来るよと小舟のぼくに

モールス信号が聞こえる

SaunaLab神田|トントゥからの伝言

わたしはIKE SAUNAという名の大海原を仰向けに漂っていた。黒い畳の目は小舟をゆらす波のようで、新月の夜にひとり陸から放り出されてしまった子どものように心もとない。

名古屋、福岡にある有名サウナSaunaLabが初めて東京に出店したSaunaLab Kanda。2021年4月にオープンしたばかりだが、池袋のかるまると並んで多くのサウナーをうならせるこだわりのサウナ専門施設だ。女性用サウナには2つのサウナがある。ひとつはベーシックなフォレストサウナ。そしてもうひとつがIKEサウナだ。名前の通り、サウナの中に池がある。

入り口からおしゃん

IKEサウナの扉をあけると真っ暗な空間が広がっていた。腰をかがめないと頭をぶつけてしまいそうなほど天井が低く、慣れない目を凝らしながらゆっくりと部屋の中へ入った。黒い天井と壁、黒い畳敷きの床、そして部屋の奥には壁に沿うようにL字型の水盤があり、薄く張った水がちょろちょろと流れていた。熱いサウナの中に池を作ってしまうなんてシラフでは考えつかない。きっとSaunaLab Kandaのオーナーはこの構想をサウナで閃いたに違いない。80度弱と比較的低温なサウナの中で水面は凪ぎ、室内がやさしい湿度に包まれていた。

ランダムに転がっている首枕をそばに手繰り寄せて、素っ裸でごろんと仰向けになった。視界が制限されているおかげで聴覚が敏感になり、水の音が波紋を描きながら全身に染みわたった。温度が低いからたいして暖まらないだろうと甘く見えていたが、意外にも畳に蓄積された熱が岩盤浴のようにじわじわと身体を暖める。バリバリに凝っている肩から腰、そしてベンチ型のサウナでは暖まりにくいふくらはぎまで、まんべんなく熱でほぐされる。気がつくと全身からしっとりと汗が滲んでいた。サウナは苦手だけど岩盤浴なら好き、というサウナ未体験の方にぜひ味わってもらいたい。

腕を池に向かって伸ばすと水盤のふちに指が触れた。恐る恐る指先を水面へと近づけるが、初めて好きな人と手をつなぐ中学生のように指の動きがぎこちない。人差し指の丸い先端が池の水に触れると反射的に脳がきゅっと冷えた。水風呂に入ったと錯覚したのだろうか。サウナにいるのか、水風呂にいるのか、自分の居場所が曖昧になった。

劇画調のヴィヒタ

寝っ転がったまま池の方に顔を向けると、サウナ室に入った直後は暗くて分からなかった内装のディティールがようやく見えてきた。真っ黒だと思っていた壁は、水墨画のような濃淡があり横にすべらせた刷毛の跡がついている。等間隔に寄せては返す波の模様のようだ。対岸にはトントゥ※が2人微笑んでいた。
※幸せを呼ぶ北欧の妖精 帽子を被った小人の容姿をしている

トントゥは、IKE SAUNAに浮かぶ私に向かって水面を揺らし、向こう岸から波紋を起こしていた。不思議なリズムで、トン トゥー トン トゥー トントン トゥーと指先に振動が伝わってきた。まるでモールス信号のようだ。私はモールス信号が分からないけれど、胸にひとつの言葉が浮き上がってきた。

「夜明けがくるよ」

アイスサウナ|マイナス25度の世界はさわやかだった

SaunaLab Kandaには水風呂がない。作りたくても難しい環境ではある。築56年の雑居ビルの地下。1フロアの広さはざっと見積もって400平米強だ。その中に受付、グッズショップ、フリースペース、サウナ利用者向けの休憩所、そして男性用女性用それぞれの更衣室とサウナ……と、それほど広くない空間によく色々詰め込んだなと思うほど設備が充実している。追加で水風呂を用意したくても、おそらく場所が足りない。

だが、水風呂がないことは決してマイナスポイントではない。SaunaLab Kandaにはアイスサウナがある。室温はマイナス25度。1人用の小部屋になっている。扉を開けると目に飛び込んできたのがカチコチに凍ったトナカイの毛皮。室内に飾られたヴィヒタ※は霜に覆われており、東京のど真ん中に白銀の世界ができていた。
※樹木の枝葉を束ねたもの 肌を叩くなどのマッサージに用いる

しかし、勇気を出して一歩踏み出せば、そこは極寒のパラダイスだ。熱さでじめじめした肌があっという間に引き締まり、ひんやりさらっさらの質感に変わる。それなのに身体の芯はいつまでも暖かい。真っ裸で嬉々として業務用冷凍庫に入る人がいたら相当クレイジーだと思うが、SaunaLab Kandaでは入らない方がクレイジーだ。「寒い」なんて言葉は一切出てこない。「気持ちいい」「スッキリする」。同行した友人の口から出てきのはそんな言葉のラインナップだった。日常の世界でマイナス25度は極寒だが、サウナ後の人間にとっては適温になる。熱でとろけた脳みそもキリッと冷やされて思考がクリアになった。

ぐーぜんぐーぜん

しかも、アイスサウナは水風呂と違って水圧がないので心臓に負担がかかりにくい。実は水風呂は高血圧の人にとっては鬼門だ。健康な人にとっては問題ないが、温度差と水圧のダブルパンチで血圧が上昇するため、心筋梗塞などのリスクが高い。ところがアイスサウナは空気浴なので水圧による心臓への負担がない分、比較的安心して入れる※。
※温度変化による影響は残るため、血圧や心臓に不安がある方は必ず医師に判断を仰ぐこと

また、健康状態に関係なく、水風呂の心臓がキュッとなる感覚が苦手な人は多い。その点でもアイスサウナなら快適にクールダウンができる。ちなみに、ここまで冷たいアイスサウナが楽しめるのは、今回ご紹介したSaunaLab Kandaをはじめ数々の有名サウナを手がけるウェルビーグループだけ。ウェルビー恐るべし。

SaunaLab神田の詳細はこちらからチェック!