【旅エッセイ】香港(番外編) 〜ちょっと香港寄ってゴハン食べてく?

香港旅エッセイは前回で終わりのはずでしたが、エッセイを読んでくれた方から香港のプチ情報をいただいたので、今日は番外編を書くことにしました。


香港は東京都の半分ほどの広さの小さな半島なので、観光スポットはあまり多くない印象です。もう1度香港で観光をしたいかと聞かれると、香港の達人によっぽど耳寄りな観光情報を教えて貰わない限りはいいかなぁと思っているのですが、ごはんは食べに行きたいです。

麺もお米料理もデザートも、何でもおいしかった。日中はツアーに参加していて食事も決まったところでしていたので、まだまだおいしい食べ物に出会えていないんじゃないかなと思っています。

現地でごはんを自由に食べられなくて残念だった…とつぶやいたところ、出張の達人の方が「旅行に行くときに、香港の空港を経由して行くといいよ。」と教えてくれました。

香港国際空港にはおいしい香港料理を食べられるレストランがたくさん入っているので、香港以外の旅行に行くときにわざと香港を経由して、乗り継ぎの時間に空港で香港料理を堪能する、という旅ワザです。
旅なれた方ならではの発想に感動しました。

こちらのブログで紹介されている空港レストランは価格がリーズナブルな上に味もブロガーさんお墨付き。見ているとお腹がすいてきます。
たびハック 【香港国際空港】レストラン|食事スポット|おすすめは?美味しい小籠包のお店はどこ?


わたしが実際に街中で食べたものの中で、今食べたくなっているのは、ぐうぜん通りかかったお店で買って食べたエッグタルト。
香港のエッグタルトはクッキー生地の香港式とパイ生地のマカオ式の2種類あって、わたしが食べたのはマカオ式でした。

次の予定があったので、テイクアウトで2つ買ってお店の前の道端で急いで食べました。ついさっきまで保温器に入れられていたエッグタルトはほんのり温かくてカスタードがふわふわ。パイ生地はとても軽い食感であっという間になくなってしまいました。

追加でもう1個買って食べたい衝動を抑えながら、泣く泣く次の予定地へ向かうことになったので本当に残念でした。


もう1つの恋しい食べ物は、亀ゼリー。
亀ゼリーといっても亀の身が入っているわけではなくて、甲羅のエキスや甘草など数種類の漢方を入れた健康食です。

どんなに変な味なんだろう?と覚悟して食べてみるとそんなに食べられないような味ではありませんでした。
ゼリーの上に蜜をかけて食べると、甘さとゼリーのほろ苦さがちょうど良く中和するのでするすると喉をとおっていきます。

夏の香港は、観光バスから降ろされても暑さに降参してすぐバスの中に逃げ帰ってしまうほど暑くて体力を消耗しましたが、亀ゼリーを食べると不思議と暑さでほてった身体が休まるような気がしました。

最近は梅雨のジメジメと暑さに参っているので、身体の内側からふつふつと亀ゼリーを欲しているような感じがしています。