ウールってすごいかもしれない。温かくて汗冷えしなくて肌触りもよくなってきてる。

ウールの肌着がめちゃくちゃ温かい!チクチクが嫌で毛嫌いしていましたが、見直してきました。

ウールの良さをお伝えするとともに、montbellのウール肌着を買ったので感想などシェアします。

 

実は、冬に平均気温マイナス10数度の極寒地に行くことになったので服装について調べていたのですが、そこで一番下に着るインナーについてどのサイトでも書かれているのは

綿はNG!

メリノウールを着るべし!

ということです。

 

綿はNGというのは登山家のあいだでは常識らしいのですが、乾きが遅いので汗を書いた場合その水分が冷えて体温を奪うらしいんですね。

登山しないので全然知らなかったけど、濡れたタオルを振り回したら凍るような場所で汗が乾かないことが致命傷になるのは容易に想像できます。

その点、ウールは汗を吸って発散してくれるのでその心配はないとのこと。

 

じゃあ化繊はどうかというと、montbellにも化繊で登山家にも人気のジオラインというシリーズがあるのですが、店員さんに極寒地に行くことを伝えてどちらがいいか尋ねたところ

「メリノウールの方が温かくて優秀です」

ときっぱり言われました。

 

ここで誤解のないようにお伝えしておくと、わたしは街歩き程度なので登山みたくめちゃくちゃ汗をかくわけでもなく、ヒートテックで乗り切ったというブログもいくつか見ました。

しかし!寒がりゆえに念には念をいれたい!しかも体感したことのない極寒地。なめてかかって痛い目にあうよりも念には念を入れて雪山に登るつもりで挑んだ方が良いだろう、ということから重装備にしています。

スローガンは「生きて帰る!」

 

で、店員さんの勧めもあり、メリノウールの肌着上下を購入しました。

 

値段は上下あわせて1万円ちょっと。

正直高いですが、命を金で買うと思えば安いもんです。

チクチクが苦手なので肌触りが気になりましたが、トップスの方は以外と平気でした。

タイツはややチクチクが気になりますが、1日着用してみたかんじ痒くて脱ぎたくなるほどではなかったです。この辺は体質によって感じ方が異なりそうです。

わたしは割とダメな方で、実はヒートテックも痒くてダメです。まぁそれでも着るんですが、今回の極寒地行きがなくても綿か何かにシフトしようかと思っていました。

 

そして肝心の温かさですが…温かい!

1枚で温かいというよりは、ウールの上に何か羽織ると、保温性が高いためかポカポカしてきます。さらにこのウール上下だけで布団にはいってみたところ、布団の厚みとウールの保温性が最高のタッグを発揮してこのうえないほどポカポカしました!パジャマにしても良さそう!(高いけど)

 

あとは、実際に極寒地での機能はどうかです。帰ってきたらまた感想など書きたいと思います。

 

ちなみになぜmontbellかというと他のアウトドアブランドに比べて(これでも)安いのです。他はトップスだけで8,000円とかするのですよ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です