保険代理店で話と関係なく勧めてくる商品には気をつけましょう。

保険代理店に行ってきました。

目的は医療保険の保障内容の見直しをするためです。一応ファイナンシャルプランナー2級を取得しましたが、毎日仕事を行っているプロの方から学ぶことは多いだろうと思い、知識はある程度しかないというていで行きました。

 

そして案の定というか、やっぱり保険屋さんも無料の相談窓口などと言って親切を装っていますが、あちらも仕事ですので儲けを出すためにあの手この手でインセンティブの高そうな商品を売ろうとしてきます。

インセンティブの高そうな商品というのは、保険会社が儲かる商品です。

 

私は医療保険の見直し、保障を限定して月々の保険料を安く抑えようと思って相談に行きました。

ところが、もちろん希望に合った商品も紹介してくれくれるのですが、それとは別に貯蓄性商品もさりげなく勧めてきます。

勧められたのは外貨建て保険です。保険屋さんは、外貨で積立すると金利が高いんですよとメリットをアピールしてきますが、これは罠です。外貨建ては確かに金利が高いですが、同時に為替リスクが伴います。為替リスクを加味すれば、実質金利は無いに等しくなるのではないでしょうか。もちろん元本割れのリスクもあります。高リスク低リターンです。

窓口は情報収集には最適ですのでかしこく利用し、ちょっとでも上手い話が出てきたら直ぐに契約せず持ち帰ってください。

今はネットで商品名で検索すればメリットデメリットの情報が出てきますので、きちんと理解した上で契約しましょう!

 

ちなみに保険について何も知らない場合は、とても丁寧に「保険とは?」を教えてくれます!図を書きながら基礎を教えてくれるので、勉強のためでしたらとてもオススメです。わたしも10年程前に3社ほど連続して伺い、ずいぶん勉強させてもらいました。

同じ話も3回聞くとさすがに覚えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です