塩分濃度の計算(数学が得意な人にはなんのこっちゃの話です)

お味噌の塩分濃度が12%だとして、味噌汁の塩分濃度を0.6%にするには、全体の何%のお味噌を入れればいいのか?

ということをここ2日ずっと考えていました。

 

正確には、計算式はもう分かっていて

0.6÷12=5%

なのだけど、なぜ割るのか?というのが分からず悶々としていました。

 

色々考えた結果、逆転の発想で、塩分濃度12%のお味噌を何%いれたら塩分濃度が0.6%になるかを考えることにしました。

12×?%=0.6(%)

これではてなの部分を求めるには

0.6÷12になると理解できます。

 

数学が得意な人にとっては、何を言ってんだという感じだと思うのですが、本当に苦手です。こんな調子なので高校は文系クラスを選び、数学は高一までしかやりませんでした。

よく学校の勉強なんて大人になったら使わないと言う人もいますが実際は何でも出来るに越したことはないと思います。

 

ちなみに料理は何でも塩分濃度0.6パーセントを目指すと美味しくなるそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です