確定申告書類、郵送すればいいのになぜか寒空の下税務署に並んでしまう

確定申告まっさかりです。

日曜日の開庁に合わせて税務署に確定申告書類の提出にいきました。

8:30開庁で到着したのが9時。

雨が降って寒い中30分程並びました。

その後、e-taxのID・パスワードを取得するためにプラス30分並びました。正味1時間!

芯から冷えてしまいました。

 

そして帰り道にはたと気づきました。

 

郵送すればよかった。

 

仕事で法人の税務申告書を提出するとき、国税については会社の目と鼻の先に税務署があるので持参しますが、それ意外の例えば地方法人税申告書は控えを返送してもらう切手付き封筒を同封して郵送しています。

 

なのに、なぜ自分の個人の申告書類は手持ちしなきゃと思いこんでいたのか本当に不思議です。

郵送の場合切手代はかかりますが、冷え切った身体をあたためるために近くのカフェで暖を取ったため正直カフェ代の方が高くついてしまいました。

 

ただ、e-taxのID・パスワードを取得したので来年からは自宅で作業が済みそうです。

 

ちなみに、税務署で並んだ時間は提出のみの列の話で、作成からスタートする列はもっともっと行列になっていました。

ネットで丁寧に書き方をレクチャーしているサイトがいくつもあるので、作成は暖かい自宅でされることをおすすめします。

 

この時期の税務署職員さんたちの激務っぷりには頭が下がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です