ウェブマガジン「夏と秋」に掲載されました

短歌や俳句のウェブマガジン「夏と秋」に、

わたしが短歌の推敲をする過程を掲載していただきました。

 

「夏と秋」マガジン 第9号|夏と秋|note(ノート)

 

「夏と秋」の発行人でもある秋月祐一さんが、推敲のお手伝いをしてくださり、その秋月さんとわたしのやり取りを読者のみなさんにお見せする、というものです。

 

秋月さんは言葉の感覚がするどく、理論的にも考察してくださったので、このやり取りを通して「推敲」というのがどういうものか、朧気ながら分かってきたような気がします。

 

普段、出来たような気でいましたが、いかに途中で投げ出してしまっていたかを痛感しました。

推敲の過程で言葉が枯渇しました!

なんて貧困なボキャブラリーなんだ、と頭を掻きむしりました。

 

それで、ちょっと今、また言葉や感性をたくさん取り込みたいと思っています。

 

 

秋月さん、秋月さんを紹介してくださったはるかさん、このような機会をいただきありがとうございした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です